2018-07-25

暑い日が続く時の紫外線予防とシャンプー前後の流しの大切さ。

記事を読んで気に入ったらシェアしてね♪

暑いな~って言葉が口癖になりそうな程、毎日暑い暑いと言ってます。尋常じゃない暑さで食欲も落ちるかな~と期待してるけど全く食欲は落ちないですね(笑) そこで今日は落ちないと言えば髪や頭皮の汚れです(無理やり感あるけど笑)。連日暑い日が続いていて、いつもより汗や脂を掻きやすいから入念に洗い流しましょうねってブログです。

 

尾道市 の 美容院 GOEN 尾道 美容室 のオーナー美容師兼シャンプーソムリエ 植田仁孝です。

暑い日が続いている時のシャンプーの仕方と紫外線対策


ほんと嫌になるほど暑い日が続いていますね。熱中症で倒れる人が続出しているみたいなので外出の際は気をつけたいです。そんなうだるような暑い日は汗や脂も掻きやすいし、紫外線も強いです。そのため暑さ対策と紫外線予防は必須になってきます。

 

暑さ対策としては、外出やアウトドアで遊ぶ時に日差しから身を守るアイテムを身につけたほうが安心です。日傘や帽子、速乾性のあるウェアで肌を守るのが効果的です。やっぱり暑い日差しを肌に直接長時間浴びていると体力も消耗しますからね。暑くても日差しを遮るアイテムは必須です。それでも肌が露出しやすい顔や首元にはUVケアの日焼け止めで防ぐのが1番です。髪の毛のUVケアも忘れずにね。

また汗や脂を掻いて紫外線を浴びると頭皮や髪の毛の表面では酸化が起こります。いわゆる鉄が錆びる状態と同じですね。酸化した汗や脂は過酸化脂質という物質になって頭皮や髪の毛の表面に付着して取れにくくなります。なので必ず汗や脂を掻いた日はその日のうちに洗い流してしまうほうがいいです。

 

流し方は、39℃位の湯温で地肌を中心に3分くらいを目安にしっかり流します。お湯が温すぎると汚れが流しきれないし、逆に高すぎると髪がパサついたり頭皮の痒みの原因になったりするので気をつけましょう。

 

流す時の39℃の湯温で3分ですが、シャンプー前、シャンプー後の2回しっかり流すとより効果的です。またシャンプー後、髪をドライヤーで乾かすのも大事でそのまま放置してると頭皮の匂いの原因になったりするので気をつけましょう。

こんな感じで連日暑いですが、ヘアケアと紫外線予防をしていきましょうね。

 

☆まとめ☆

〇暑い日差しから髪と肌を守るために日傘や帽子、速乾性のウェアで保護する。日焼け止めも併用する。

〇暑い日に掻いた汗や脂は紫外線によって酸化して、汚れが取れにくくなる。

〇なのでシャンプー前後の流しは39℃のお湯で3分しっかりと流す。

 

そんなこんなで今日は以上です。

 

▼ブログを読んだ感想はレターポットで贈ってもらえるととても喜びます。

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

今すぐ予約はコチラ↓↓↓

0848-51-4043

お問い合わせやご相談はLINE@にご連絡下さいね♪

LINE@でご予約も可能です↓↓↓

LINE_h

6nKM2-aCun

電話が苦手な方はメールでもどうぞ↓↓↓

ご予約・お問合せはこちら

GOEN onomichi biyoushitsu

722-0026
広島県尾道市栗原西1-1-5
営業日:月曜~日曜(不定休)
営業時間:月曜~土曜9:30~20:00
日曜・祝日9:30~19:00
最終受付時間:カット 19:00
カラー or パーマ 18:00
ストレートパーマ、縮毛矯正 17:00
日曜・祝日は各1時間前が最終受付になります。

1980年生まれ。三重県四日市市出身。妻の地元の広島県尾道市で古民家をリノベーションした心地良いジャズが流れる美容室のオーナー美容師兼シャンプーソムリエです。ヘアケアのお悩み、何でもご相談下さい。日々のケアを大切に5年先10年先も健康でキレイな髪と肌を目指していける提案をしています♪子供と遊ぶのが大好きな4児の父。

記事を読んで気に入ったらシェアしてね♪