ヘアケアのコツ

インバストリートメントとアウトバストリートメントを使い分けて上手に髪をケアしよう。

記事を読んで気に入ったらシェアしてね♪

ここのところずっと天気がパッとしない日が続いていますが、そんな時でも子供たちの写真を見ると心がポカポカ温かい気持ちになって今日も頑張ろう!って思えますよね。

 

最近は次女のあんちゃんが可愛すぎてベタベタです。(笑)

 

そんな事は置いといて今日は、トリートメントについてのお話です。

 

尾道市 の 美容院 GOEN 尾道 美容室 のオーナー美容師兼シャンプーソムリエ 植田仁孝です。

 

 

 

今日の黒板にも書いた内容ですが詳しく書いていきますね。

 

 

 

インバスタイプとアウトバスタイプのトリートメントの使い分けはどうしたらいい?


まずインバスとアウトバスの違いの説明からなんですが、

 

インバストリートメントとは・・・洗い流すタイプのトリートメントの事。主にお風呂でシャンプーの後つける物。

 

アウトバストリートメントとは・・・洗い流さないタイプのトリートメントの事。主にお風呂上がりのタオルドライ後やブローの前に髪につける物。

 

というコトで名前だけでは分かりにくいですが、インバスとアウトバスの違いは洗い流すか流さないかの違いですね。

 

そこで使い分けなんですが、インバスタイプのトリートメントは洗い流すので髪に残りにくいんです。洗い流してしまうと髪には1%程度しか残らないと言われています。

 

髪に残りにくいので髪をしっかり補修したい時やカラーやパーマ直後の場合はインバストリートメントをつけてコームを使い馴染ませて5分くらい時間を置くことオススメしています。

 

というわけで、インバストリートメントは時間がかかるので時間に余裕がある方やカラーやパーマ直後に集中ケアしたい方にオススメのトリートメントになります。

 

続いてアウトバストリートメントは、洗い流さないので次回シャンプーするまで髪に残ります。

 

なので、髪へのダメージ保護や補修にピッタリなんです。あと香りのある物であればフレグランスとしても使えますよね。あまりに香りの強い物はオススメしませんが(笑)

 

髪に残る分、アウトバストリートメントは髪が広がりやすい、パサつきやすい、まとまりにくい方にオススメの商品といえます。

 

 

という事でインバスタイプとアウトバスタイプの使い分けですが・・・

 

インバストリートメント

カラーやパーマ直後の髪の集中ケア・時間に余裕のある方の髪の補修・手触り強化。

 

アウトバストリートメント

髪のまとまり、パサつき、広がりを抑える・髪の補修・手触り強化。

 

といった感じです。

 

もちろん両方使って頂いたほうが髪にも良いのですが、人それぞれで髪質なんかも違うし髪質の好みなんかもあると思うので、どんな感じが良いとかあればお気軽にご相談下さいね♬

 

これからの時期は乾燥しやすくなるので上手に使って髪を綺麗に保ちましょうね~(^^♪

 

今日は以上です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます<(_ _)>

 

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

今すぐ予約はコチラ↓↓↓

0848-51-4043

お問い合わせやご相談はLINE@にご連絡下さいね♪

LINE@でご予約も可能です↓↓↓

LINE_h

6nKM2-aCun

電話が苦手な方はメールでもどうぞ↓↓↓

ご予約・お問合せはこちら

GOEN onomichi biyoushitsu

722-0026
広島県尾道市栗原西1-1-5
営業日:月曜~日曜(不定休)
営業時間:月曜~土曜9:30~20:00
日曜・祝日9:30~19:00
最終受付時間:カット 19:00
カラー or パーマ 18:00
ストレートパーマ、縮毛矯正 17:00
日曜・祝日は各1時間前が最終受付になります。

1980年生まれ。三重県四日市市出身。妻の地元の広島県尾道市で古民家をリノベーションした心地良いジャズが流れる美容室のオーナー美容師兼シャンプーソムリエです。ヘアケアのお悩み、何でもご相談下さい。日々のケアを大切に5年先10年先も健康でキレイな髪と肌を目指していける提案をしています♪子供と遊ぶのが好きな4児の父。
記事を読んで気に入ったらシェアしてね♪