BLOG, ゴエンがおススメする髪と肌のお手入れ

ドライヤーに冷風ボタンが付いてる理由。

記事を読んで気に入ったらシェアしてね♪

曇り空からの雨になった今日は尾道市内で小学校の卒業式でした。長女は4年生なので卒業式に参列して2年生の長男はお休みでした。4年前の長女は入学式で迎えられる年齢だったのに、あっという間に見送る側に・・・。そしていつの間にか見送られる側になるんでしょうね。子供の成長ってめちゃくちゃ早いな~て感じるこの頃です。

 

そんな今日はドライヤーの冷風ボタン使ってますか?ってブログです。

 

尾道市 の 美容院 GOEN 尾道 美容室 のオーナー美容師兼シャンプーソムリエ 植田仁孝です。

ドライヤーの冷風ボタンはなぜ付いてるのか?


コレって気になったコトありませんか?

 

たぶんほとんどのメーカーのドライヤーに必ず付いてる冷風ボタン。この冷風ボタン使っている人もいれば、全く使わない人もいると思います。でもこの冷風ボタンには美髪に繋がる大事なポイントがあるんです。

 

ポイントは2つ!

 

1つは髪のオーバードライ(乾かし過ぎ)を防ぐ。

髪を乾かし過ぎたりドライヤーの温風が熱すぎたりすると、髪の毛に適度な水分量が保たれなくなって髪にダメージを与えてしまいます。それを防ぐために冷風ボタンがあるんですね。ポイントは乾かしている時のドライヤーの風が手に当たって熱いかどうか?です。熱ければドライヤーの温風の温度が上昇してるので冷風ボタンで冷ましてあげましょう!コレで適度な温度で髪を乾かす事が出来ます(^^♪

 

2つ目は髪をまとまりやすくするため。

髪の毛はドライヤーやアイロンの熱を与えると柔軟になって形が付きやすくなって、冷えると形状記憶するように固定される性質があります。なのでドライヤーで髪を乾かしきる直前に冷風を当てる事で、髪の毛が固定され乾かした直後のまとまりある状態をキープする事ができるんです。また乾かした直後の髪のツヤも冷風で乾かし終わったほうが髪にツヤが出ます。

 

この2つが主な冷風ボタンの使い方です。

 

普段この冷風ボタンを使ってない方は、髪にダメージを与えないようにするためにも上手に使っていきましょうね。という今日のブログを書こうと思ったのはちょうど1年前に同じ内容を書いてるからでした。(笑)

 

やっぱり同じドライヤーについてのテーマなのに書いてる時期が違うと気づくポイントも変わるから面白いですね。そんな訳で過去のブログも読んでみてくださいね(^^♪

 

ドライヤーの温冷スイッチを使って髪のツヤやまとまりを良くする上手な乾かし方。

という事で今日は以上です。

 

▼ブログを読んだ感想はレターポットで贈ってもらえるととても喜びます。

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

今すぐ予約はコチラ↓↓↓

0848-51-4043

お問い合わせやご相談はLINE@にご連絡下さいね♪

LINE@でご予約も可能です↓↓↓

LINE_h

6nKM2-aCun

電話が苦手な方はメールでもどうぞ↓↓↓

ご予約・お問合せはこちら

GOEN onomichi biyoushitsu

722-0026
広島県尾道市栗原西1-1-5
営業日:月曜~日曜(不定休)
営業時間:月曜~土曜9:30~20:00
日曜・祝日9:30~19:00
最終受付時間:カット 19:00
カラー or パーマ 18:00
ストレートパーマ、縮毛矯正 17:00
日曜・祝日は各1時間前が最終受付になります。

1980年生まれ。三重県四日市市出身。妻の地元の広島県尾道市で古民家をリノベーションした心地良いジャズが流れる美容室のオーナー美容師兼シャンプーソムリエです。ヘアケアのお悩み、何でもご相談下さい。日々のケアを大切に5年先10年先も健康でキレイな髪と肌を目指していける提案をしています♪子供と遊ぶのが好きな4児の父。

記事を読んで気に入ったらシェアしてね♪